スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

翻訳コンニャクを〜‼︎

朝ヨガ終わり…
天満橋駅改札近くの中華屋さんの前で
「エクスキューズミー」
って声かけられる。
「ここでお好み焼きは食べられる?」
と問われているらしい
…以外は分からない。
見せてくれたスマホの画面には異国の綴り。
彼は急いで
「たこ焼き」
も付け加えてくれたが、この並びにお好み焼き屋さんがないのだけは知っている。
少し歩いて違うビルのフロアには、確かお好み焼き…あったはずと
『そっちに行ってみる?』
と100%日本語でアピールしてみる。
大変無表情な彼女と三人で歩き出してみたところ彼が
「そこは美味しいの?」
みたいな事言ってる感じ。
『食べたコトはないから分からへん』
と返すと、再びスマホを差し出し
「CHIBO」
ってとこ指差す彼。
千房かいなっ!と京阪モールのフロアガイドを見るも該当店舗みつからず。
『この周辺には千房はないわ〜』
と100%日本語と手振り・表情も加えて言ってみる。
…で
「うーん、もうイイよ。ありがとう」
みたいな感じ。
…で
『ごめんねぇ』
と解散したのであった。


私に出来る最善は尽くしてみたのだが、力及ばず無念。
お話しでけそうな友人にその場で電話するとか、なんとか出来んかったかなぁ…と思いはするが、今出来る事は、彼らがこの後美味しいお好み焼きかたこ焼きを味わえるよう祈ることくらい。
あと、良いガイドさんに巡り会えますように。

こーゆー時、どうするのが彼らの一番になったのでしょうか、ねぇ?



スポンサーサイト

生誕祭



本日、母の生誕日。

ということで花屋さん・ケーキ屋さんを巡りました。
思えばいつの間にか、誕生日当日に…という気が薄れ“誕生日用”に、とプレゼントなど用意したりしなかったり…となっておりました。


が、せっかく今日は時間もあるし!といざ出発してみたところ、目指したケーキ屋さんが閉店しておりショック‼︎(次のお店では目の前でまとめ買いをされ、目的の物が品切れ)ダブルパンチ‼︎
花屋さんは入荷が月曜日ということで、明らかな品薄(その中からどうにか希望のお花を購入)


そんな道すがら
「そう言えば、あの花…あのメニュー…」
などなど、色々蘇って楽しかったです。


彼女がこの世に生を受け、今の私があります。
ありがとう…
これからも見守ってください。

青空美容室にて

久々に髪を短くした。
当然のことながら失恋したわけではない。

…が
足元に積もる切り落とされた髪が
それまでに整理しきれていなかった情報や
感情も一緒にそぎ落としてくれるみたいで
軽やかになっていく“自分”に気づく

戸惑いや不安が全く消えた訳ではない
でも季節は移ろい
風も空気もとどまってはいない
この流れに身を委ね
漂ってドンブラコ…
ドンブラコ行こうと思ったりする


明日の朝
今日やってもらったみたいに出来るのか
それが今夜の最大の悩み。






春の一日

今日はとある説明会に参加。
スーツ姿の担当者さんは、MBSのアナウンサーに少し似ていた。
額が。

帰りに寄った雑貨屋の店員さんは「ゆっくりご覧下さい」「ゆっくりご覧下さい」「ゆっくりご覧下さい」と絶え間ない。
笑えてくるばかりでゆっくり出来ず、退散。

ウィンドウに飾ってあるサロペットに目を奪われ、勇気を出して試着してみる。
が、イメージとの違いに打ちのめされ、退散。

一日を振り返り、今気になっているのは近所で見かけた子供用自転車。
そのカゴに入っていたのは食べかけとみられるハダカの焼き芋。
なぜ、そこに焼き芋…
食べかけた主はいずこ…
あのお芋さんの運命やいかに…


そんな春の一日でございました。
どなた様も心穏やかにおやすみ下さいませ。

ためになる話し


いしきりんに会ってきました。
いしきりんのいる坂を登ってきました。


人生を占っていただくべく、老紳士の座る扉を開いてみました。


そこは、眺め甲斐のある味わい深い空間が広がっていました。


整えられた白髪
丁寧に着こなしてこられたであろうスリーピース
静かでぽそぽそとした口調
私には読み取れない文字で書き込まれる鑑定書
言葉の間に空く不思議な 間
“本題”と言いながら、なお続くご自身の体験談
そして広がる政治への熱い感想

最終的に下さった私へのアドバイスの最後は
「それが一番安全パイだから、迷わず行動しなさい」
と。


あーー、私に脚本家としての才能があるならば、コント作家としてのツテがあるならば…一本書けそうなくらいに散らばる小ネタの数々‼︎
出来ればイッセー尾形さんに演じてほしい…などとあり得ない妄想まで広がるほどのリアル感‼︎


楽しませていただきました。
ちゃーんと、味わってまいりました。

この出会い…そこに辿りついた自分自身の“引き”…全てに無駄などないのですね、きっと。
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
10 12
プロフィール

なとな

Author:なとな
今年もよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。