スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぼくの好きな先生

料理番組を見るのが好き。
罪が無いってのも理由のひとつ、ではある。

なるべく簡単なのがイイ。
ムツカシイのや、聞きなれない調味料が出てくるのはパス。



昨夜は国営放送でアズキを炊いてはった。

白玉団子の生地の具合を
 『福耳の耳たぶくらい』
と、おっしゃるのは今も同じなんだ‥と思いつつ
昭和な人々は全般的にもーーーーっと
福耳やったよな~
今の人って耳たぶ小さめやよな~
などと思った。

アズキの炊いたお汁に利尿作用があって
夏のむくみ対策やとかに良いのだ‥と
昔はそんな理屈知らんと、自然と食していた‥と
おっしゃるのは 城戸崎 愛先生

イタリアかロシアのマンマを連想させる
豊かなアウトラインと
茶目っ気のある語り口が魅力的。
なにより人生経験に裏打ちされた実績をお持ちである。

アズキは甘さ控えめに炊いたから、と
試食の時点で白砂糖をザックザクと
かけていらした。
 『白砂糖が昔はそれだけ特別で貴重な存在だったのよ』
と。


帰宅した家人はその光景にギョッとしていたが
アズキはなんだか炊いてみたい気がした。
冷蔵なら4~5日、冷凍ならひと月はもつらしい。
 『お汁ごと‥よ。アンコじゃなくてゆでアズキが良いの。
  お汁が大事なのよ』
と、繰り返し言うてはった。

御年86歳の先生
リスペクトやわ~
スポンサーサイト
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
06 08
プロフィール

なとな

Author:なとな
今年もよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。