スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノグチサンの安否

先日
バラバラにされながらも穏やかな笑みを浮かべていた
ノグチサンを伴い、銀行へ。


ATM付近に待機していた男性行員さんに
事情説明をしたところ

  「はい、それは両替・・」

と用紙と記入事項を教えてもらう。
窓口で、これまた事情説明をしたところ

  「では、確認しますので・・」

と“ノグチサン”と引き換えに番号札を渡されしばし待機。
マフラーを外そうか、コートの前を開けようか
銀行ってヌクイなぁ、暑いぐらいやなぁ、どうしよかなぁ‥
ってな事に思いを巡らせキョロキョロしていると
さっきとは別の女性行員さんに呼ばれる。

彼女が手にしたトレーには
セロテープで全身を縫合(というか結合)されたノグチサンの姿が。
あああぁぁ、痛ましい

‥と、トレーを手にした彼女が

  「4分割以上に分かれている場合“鑑定”が必要で
   その依頼書にサインを・・」
  「鑑定には一週間ほど・・」
  「後日、口座に振り込みを・・」
  「場合によっては全額、振込(両替)出来ない事も・・」

などなど申し訳ないくらい低姿勢に説明してくれた。

  「では、(ノグチサン) 1枚 (で間違いない)ですね・・」

とご丁寧な確認の後、“鑑定券お預かり証”なるものまで渡されると
いや~、なんか申し訳ない
1000円くらいでお手数お掛けして
『手数料はかからないんですか?』
とか、聞いてみたりして
さりとて、いかに同じ笑顔を浮かべているとは云え
“同じノグチサン”が世の中に存在する事は無く
存在してはイカンわけで
傷モノにされた上、素性を疑われる事になった
気の毒なノグチサンの名誉の為にも
ここはお手数をおかけしますが
何卒、ひとつ、お願い致します、よ。

と、不慣れなやり取りに対するものか
効き過ぎた空調のせいか
じんわり汗にじむ心持ちで

  『じゃあ、お願いしま~す』

と、彼女にすべてを託し
銀行を後にしたのであった。



  
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
プロフィール

なとな

Author:なとな
今年もよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。