スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄養補給

昨日は 枝雀カムバック 最終日。


小林聡美さんのエッセーを読みながら
待つ事30分。

思いのほか順調に当日券は手に入った。

初のサンケイホールブリーゼの二階席は
舞台からかなりの距離か と思われたが
大きなスクリーンに映し出された枝雀さんは
ちいいーーっとも遠くは無かった。



この日の登場人物は

  お伊勢参りに向かう喜六と清八コンビ
  飯屋の親爺さん
  狐
  お百姓さん
  尼さん
  村人
  成仏できない婆さんのお化け
                  『七度狐』
  
  宿替えしたばかりの男
  その友人
                『一人酒盛り』          
 
  一番番頭
  二番番頭
  三番番頭
  丁稚の定吉
  御寮人(ごりょん)さん
  新入り奉公人(女衆・おなごし)
                  『口入屋』

  他 数名


三席の演目で15人を超える登場人物を
演じるのはもちろん 枝雀さん ひとり
老若男女、果ては 動物界からあの世の方まで
守備範囲・・・・広っっっ


ちなみに召し上がった物は
  
  イカの木の芽和え
  べちょたれ雑炊
  (赤土・いもり・わら入りの狐にバカサレテ食べた雑炊)
                    
  しば漬け
  上等な酒

雑炊以外のすべての物が
なんとも美味しそうに口に運ばれ
雑炊のなんとまずそうな事か
不調法ゆえ、酒の美味さは分からんというのに
香り、喉越しまで
 「あ~~~~おいしそう 」
と口元がゆるんでしまう。
 

舞台美術も衣装もメークもないのに
高座の上には
人々の表情や様々な情景が浮かび上がってくる
不思議ワールド 落語


ヒトの想像力・自身の空想力に
信頼と自信と希望をお持ちの方には
絶対おススメ 落語の世界





帰宅後、パンフレット広げて
枝雀さんの印象深いアクションが話題となったので
右手を上げて 「こんなんもやってはったで~」
と意気揚々披露してみたが
家人には 「そうやったっけ?」
とイナサレタ。
どうも、ショーケンさんの“愚か者モドキ”にしか
なっていなかった‥と気付く。

                      力不足・・痛感。
枝雀さんにもショーケンさんにも申し訳ない。




最後にパンフレットの米朝さんの「ひとりごと」から・・


    このごろ私、寄る年波で、周りの者に
    「おい、今、枝雀どうしてるねん」と訊いて
    皆をびっくりさせることがあるらしい。
    いや、この歳になったら、生きてることと死んでることの
    境目があまりないように思うんや。
      あいつ、どこぞに居てるような気がします。



愛らしい枝雀さんのお姿に栄養貰った。

スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
09 11
プロフィール

なとな

Author:なとな
今年もよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。