スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(本日限定) 出荷のピーク!

黒い猫の旗を掲げている代理店に
荷物を持ってった。
途中、桜が咲き始めた枝を見つけ
携帯のカメラをかざしていたら
通りすがりの自転車少年たちに

 「桜か~、勝手に撮ってる~
  盗撮や~、勝手に撮ったらアカンねんぞ~」

と茶化され、手元が狂った。
あ~口惜しい。
あの子らが口ずさんでた歌
AKBか なんやねん
分かるようで分からん、ってのがまた
口惜しや~~



持ち込んだ荷物は いかなごのくぎ煮
持ち込んだ先は 昆布の小倉屋

例年ならローカルニュースで
『いかなごのくぎ煮』 は
外せない関西の春の風物詩のはず・・
が、今年はそうもいかへんよね。
でも、スーパーには並んでたので炊いてみる。
そして、西や東へ送ってみる。
正確には、送りつけている。

先方に頼まれたわけでなく
完成度が“ご自宅用”レベルの
こんなホームメイドな味・・
受け取ったグルメな叔母たちが
「ま~、こげなとば送ってきんしゃったよぉ」
と苦笑いなどしている様子は
目に浮かぶが
同封する手紙を書いている時
あの方々の顔や声を思い浮かべている時
梱包している時
親切丁寧にその荷物を受け付けてくれた時
ワタシは
少なくとも私自身は笑って いたよ。
シアワセなヤツやなぁ と自分の事を思ったよ。
自己満足で心苦しくはあるのだが・・。



そして、心苦しいと言えば送り状に書く“品名”
小倉屋と言えば佃煮を売ってる店
ちゃんとした売り物が整列したショーケースの上で
「自分で炊きましてん 」という
手作り感100%の佃煮を傍らに送り状を書く・・
ろくに売上協力した事もないのに
品名:いかなごのくぎ煮 って書く
嗚呼・・心苦しい事極まりない
・・にしても、優しく丁寧に受け付けてくれたお店のお姉さん
いつもありがとう

そして、またココに荷物持って来よう と思う。
っていうか「昆布買うたらエエがな」 て話
スポンサーサイト

Leave a comment

Private :

Comments

- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
06 08
プロフィール

なとな

Author:なとな
今年もよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。